仙台市青葉区のいぬ・ねこ・うさぎ・小動物の病院

HOME > マイクロチップ

アイリス動物病院では、愛するペットへのマイクロチップ装着を推進しています。

かわいがっているペットが迷子になってしまったら・・・・
災害時や盗難、散歩の途中等に迷子になってしまったらどうしますか?

マイクロチップとは、直径約2mm_長さ約11mmのカプセルで包 まれた小さな電子標識器具です。
一般的な皮下注射と変らない処置で動物に負担をかけることなく体内に注することが出来ます。
体内に注入後も体の中を移動しないよう特殊な加工がされていて、安全性もいろいろな臨床試験が行われて証明されています。
Dマイクロチップ.png
マイクロチップには固体識別番号が入っていて、ペットが保護されたときに名前や生年月日、 飼い主は誰か、連絡先はどこかといった情報をセンターに照会することが出来ます。
迷子や盗難、災害時にはぐれてしまった。 そんな事態でも第3者に発見されて保健所や動物管理センター・動物病院に持ち込まれたときにマイクロチップリーダーで飼い主を確認できれば連絡を取ってくれます。
(※機関・動物病院によってマイクロチップリーダーを所有していない場合があります。)

.

ペットを海外旅行に連れて一緒に行きたい

検疫制度によりペットを入国・出国させる場合はマイクロチップの装填が義務づけられている場合もあります。 いつでもどこでもペットと共に一緒の思い出を作りたい。海外でもマイクロチップは活躍します。
Dマイクロチップイラスト_1.png
マイクロチップに記載されている固体認識番号は世界中で重複しない番号になっています。
ヨーロッパではマイクロチップの装填を義務化しているところもあるようです。

ペット同伴でヨーロッパ旅行、でも入国審査で離ればなれに・・・なんてことも。 かわいいペットを守る為、そしてどこへでも一緒に行けるようにぜひお早いマイクロチップの装填をお勧めいたします。
アイリス動物病院ではマイクロチップ装填のご相談から施術まで行っています。
詳しくは当院までお問合せください。

マイクロチップのご案内

導入案内

犬の飼い方1.jpg愛しいペットが迷子になっても見つかるように。

マイクロチップご紹介LinkIcon